住宅以外の財産は処分されるのか

af9920062636l

 

 

債務整理における個人再生というのは、住宅ローンを維持したまま、他の債務を大幅に縮小して3年間で完済させることです。

 

 

従って、住宅以外の財産はすべて債務整理の対象になります。例えば、住宅以外で価値の高いものとして自動車がありますが、自動車に関しては、自動車ローンの残債があるかどうかによって扱いが異なります。

 

 

まず、自動車ローンが残っていない場合は、自動車が処分されることはありません。ただし、個人再生は清算価値保障を原則としており、「現在保有している資産価値の総額は最低限支払わなければならない」となっています。要するに、現在所有している資産の総額が最低弁済基準で算出される金額よりも高額の場合には、その差額分は返済しなければならないということです。従って、現在の自動車の価値以上の金額は返済計画において最低限支払う必要があります。

 

 

なお、自動車ローンが残っている場合は、自動車の所有権はローン会社に通常留保されているため、原則としてローン会社に引き揚げられることになります。

 

 

その他、ローンによって購入したものに関しては、すべて同様な扱いを受けます。また、株式や生命保険なども処分されることはありませんが、清算価値保障の原則から、資産価値以上の金額は返済計画に入れなければなりません。

Comments are closed.