手続きの流れ

個人再生の手続きの流れは、裁判所に申し立てを行う事から始まります。
必要な書類を全て裁判所に提出し、支払い予定額についても申告する事となります。
専門家に依頼しておけば、書類作成は債務者の代わりに行なってくれます。

 

 

次は裁判所によって異なりますが、再生委員が選ばれる事となります。
十数万ほど予納金が必要であれば、ここで債務者が予納金を裁判所に収める事となります。
裁判所によって再生委員が選ばれない事もあるので、申し立て検討している人は事前に調べておくと良いでしょう。

af9920061966l

 

再生委員が選任された場合は、再生委員が債務者の財産、資産などを調査する事となります。
裁判所に提出した書類に不備がなければ、個人再生開始決定となり、次は債権者が、債務者が提出した書類をチェックする事となります。
チェックするのは債権の有無、債権の金額などです。

 

 

貸金業者側が債務者の提出した書類に納得したら、今度は債務者側が再生計画案を作成し裁判所に提出です。
そして債務者が提出した再生計画案を裁判所が調査して、裁判所が無理のない計画案と認めれば終了となります。
ここまでが個人再生の大まかな流れです。

 

 

個人再生を検討されている人は、提出する書類に不備のないよう事前にしっかり中身をチェックしておいてください。
提出する書類の数が多く、作成する事自体大変な作業となりやすい為、気をつけておきたいポイントです。

 

Comments are closed.