住宅ローン条項とは

不動産を購入するときに住宅ローンを利用する場合の流れは、まず売買契約を結び、そしてその後に住宅ローンの審査を受けることになります。審査に通らない状態で売買契約を結ぶわけには行きませんから、先に金融機関から内諾をもらっておくのが一般的です。内諾をもらっておけば、たいていは審査に通るのですが、必ず通るというわけではありません。詳しく審査をした結果として何か基準に満たないことが見つかると審査に通らなくなることもあるのです。例えば、金融機関の審査は通っても、保証会社の審査に通らないと言うこともあるのです。

 

もしも審査に通らなくなってしまうと、売買契約を履行することができなくなってしまいます。そうなった場合には代金を支払うことができなくなってしまい、手付金を放棄しなければならなくなることもあります。そうならないように、もしも審査に通らなかったときには契約を解除できるという条項をつけておくのが一般的で、これが住宅ローン条項と呼ばれています。

 

契約書の中に盛り込むのが一般的で、ローンを組んで不動産を購入するときには契約書に記載されます。契約を結ぶ際に、もしもこの点が心配であればきちんと契約書を確認しておくべきでしょう。

af9920062495m

Comments are closed.