民事再生におけるメリットとデメリットのこと

民事再生のメリットですが、まず借金の大半を免除することから債権者の半数が反対しないことにより債権者からの同意を得やすいことです。

 

これは、債権者の半数が反対しない、反対する者の借金額が全借金額に比べて半額以下であることなどの条件を満たしていれば小規模でなおかつ個人レベルでの再生手続きが可能です。反対してしまうと、通常は破産の道しかありませんが、破産は1銭も回収できないというデメリットがあります。このため、同意した上で債務を減らし、1円でも多く返済してもらった方が良い、ということになるのです。また自己破産とは違ってマイホームを売却せずに手続きが可能である、という点も大きなメリットとなっています。

 

次にデメリットですが、手続き後しばらくは借入ができないということです。これはいかなる債務整理についても言えることですが、信用情報機関という組織で情報が管理および登録されるため、借入することができません。なお、引越しをする、海外旅行に行く、などといったことが禁止されているわけではありません。さらに、官報に名前が掲載される、という点があります。金融機関や保険会社に勤務している場合は名前が判明しやすくなります。その他、養育費としての支払い、加害目的による損害賠償義務、税金、罰金、住宅ローン、といった負債は免除されません。

Comments are closed.